うつ病 通信

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2013.10.24更新

ストレスの多い現代社会では、多くの人がうつ病に悩まされています。
そのため、うつ病に関する情報は、雑誌やインターネットでたくさん集めることができます。

しかし、個人で集めた情報だけで自己診断し、そのままにしておくのは、正しい診断を遅らせる可能性もあり、お勧めできることではありません。

うつ病といっても、さまざまなタイプがあり、原因もさまざまです。
正確な診断は、専門医でなければ難しいものです。
うつ病のタイプやその原因によって、治療方法も違ってきます。
人の心にさまざまなタイプがあるのと同様で、うつ病も人によってさまざまです。
ですから、信頼できる専門医に早めに相談することは、とても大切な選択となります。

自己診断も大切ですが、気になる症状が続く場合は、専門医に相談することをお勧めいたします。

投稿者: うらわメンタルクリニック

2013.10.22更新

うつ病と気づかず放っておくと、どんどん深刻な症状に悪化するかもしれません。
うつ病のサインを見逃さないことはとても大切です。

うつ病のサインは次のようなものがあります。
憂うつで気分が重い、何をしていても楽しめない、眠れない、自分に価値がないと感じる、などの症状です。
どの症状も誰もが感じるようなことですが、ずっと長く続く場合はうつ病のサインかもしれません。
2週間以上ずっと続くようですと、うつ病と診断されます。

疲れているだけかもと放っておかず、心のサインをキャッチしてください。
いくつかあてはまるなとお感じでしたら、専門のクリニックへご相談されることをお勧めします。

うつ病かもしれないと気になる方、どうぞお気軽に、さいたま市の当院までご相談ください。

投稿者: うらわメンタルクリニック

2013.10.16更新

うつ病は、日本人の5人に1人は発症する病気といわれるほど、多くの患者さんがいらっしゃいます。
特別な人がかかる病気というわけではなく、ごく普通の人が突然発症する可能性がある病気です。

うつ病は、たび重なるストレスなどにより、脳の機能障害がおきている状態です。
脳がうまく働いてくれないために、心身ともにエネルギーが低下し、物事を否定的に捉えてしまいがちになったり、抵抗力が低下して病気にかかりやすくなったりします。
何をしても楽しめない、眠れない、一日中だるい、自分に価値がないと感じるなどの症状が2週間以上続いたら、それはうつ病の可能性があります。

早期の治療は早期の回復が期待されます。
うつ病かもしれないと思われる方は、さいたま市の当クリニックへお気軽にご相談ください。

投稿者: うらわメンタルクリニック

2013.10.08更新

最近なぜか分からないけど不安になる、疲れが取れないなど、精神的、肉体的に変わったこところはありませんか。
もし思い当たるとしたら、それはうつ病の症状かもしれません。

人はストレスを感じる生き物です。
会社勤めの人は職場の人間関係がよくなかったり、毎日上司に頭を下げたりと自分では気がつかないうちにストレスをためているかもしれません。

そんなの、社会に出ていれば当たり前だ、周りのみんなもそうしている。
自分だけ逃げてはいけない、などと思い、我慢し続けてはいけません。
自分はうつ病になんてならないと考えている人ほど注意が必要です。
以前より笑えなくなった、心の中で何かがひっかかる、そのようなことがありましたらご相談ください。

投稿者: うらわメンタルクリニック