うつ病 通信

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2012.12.27更新

うつ病はストレスを少し改善することによって少しよくなっていきます。
少しでもストレスを解消する方法をお伝えします。

ストレスは、3つの改善をするとよくなり、当院でもおすすめしています。
1つは、十分に休養をとることです。

疲れたのに無理をしてストレスが重くなり、心が疲れて体まで悪くなります。
睡眠の環境を良くすることです。
枕や布団、ベットなどを自分に合った良い環境にすることです。

環境良くすることでよい睡眠ができてストレスも改善します。
2つ目は、自分に合った趣味や娯楽を見つけることです。

その趣味や娯楽に依存しすぎてもストレスのもとにもなりますので、ほどほどに少し取り入れることです。
3つ目は、リラクゼーションです。
ヨガやストレッチ、体操、アロマなどいろいろあります。
自分に合ったものを生活に取り入れていきましょう。

自分の体も調子よくなり、集中力や想像力も回復していきます。
当院は、さいたま市にあります。

スタッフともども、ご相談に乗りますので、どうぞご気楽に電話やメールをしてください。
お待ちしております。
少しでも改善していくことを願っています。

投稿者: うらわメンタルクリニック

2012.12.20更新

うつ病はごく普通の方でもなる突然なる病気です。
日本人の10人に1人はなると言われています。
軽いうつ病はかかる方が多くなっています。

うつ病は、気分が落ち込み生きる気力が減ると発症し、前からあった病気を悪くしたり、抵抗力がなくなりさまざまな病気にかかり易くなります。
うつ病は病気だとは思わなく、そのまま知らずに放置して生活していくと、病気にもかかり易く、うつ病がさらに悪くなってしまします。

原因は過労やストレスの状態が続き、心配することが多くなり、不眠症にもなり、孤独感が強くなり、生きていく気もなくなり、うつ病になってしまいます。
さらに病状が進むと、自殺にまで進む恐れもあります。

仕事や人間関係、家族の関係さえの悪くなくなっていきます。
そのようになる前に、一度病院で受診するか、電話で相談する等したほうがいいでしょう。
お気楽に電話相談やメール相談等当院はしております。

スタッフ一同お待ちしております。
当院の場所はさいたま市の南浦和駅の近くです。
うつ病の専門の病院です。どうぞご利用ください。

投稿者: うらわメンタルクリニック

2012.12.20更新

埼玉県さいたま市南区南浦和にある「うらわメンタルクリニック」です。最寄駅はJR京浜東北線または武蔵野線の南浦和駅です。
駅東口を出て徒歩1分という近さなので、電車をご利用になられる方には道に迷う心配もなく、すぐに見つかるかと思います。

ビルの2階にございます。
戸田、東浦和、浦和、蕨市、川口市、大宮、鳩ヶ谷市などさいたま市近隣からのアクセスが容易です。

またその方面からの患者様も多くいらっしゃいます。
特に多く見受けられるのは川口市、鳩ヶ谷市、さいたま市からお出でになる患者様でしょうか。
近隣には有料駐車場もございますので、お車でお越しの際はご利用下さい。当クリニックは心療内科・メンタルヘルス・精神科を専門としています。

診療にあたっては予約制をとっておりますが、初心の方は当日見ることも可能です。
再診の患者様については診療時間内であれば必ず見させていただきます。


どうぞお気軽にまずはお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせも可能です。

投稿者: うらわメンタルクリニック

2012.12.11更新

うつ病の治療は薬が中心ですが、日常の食事やサプリメントの摂取で改善することがあります。
その有効な成分は、ギャバ、セントジョーンズワート、バレリアン、テアニンなどがあります。

その成分はうつ病に不足する成分です。ギャバは胚芽米などに多く含まれています。
セントジョーンズワートは軽度から中程度のうつ病に有効で、不安症や神経系の改善があるとされています。
バレリアンは、不眠症に有効で、リラックスにさせる働きがあるようです。

どちらもハーブのお茶として飲まれる方が多いです。
テアニンはお茶に多くある成分で、こちらもリラックスにさせる働きがあります。
うつ病に不足していると思われる栄養成分は、ビタミン類、レシチン、糖類、DHA、EPA、ビタミン類、カルシウム、マグネシウムなどです。
不足している成分は、食事からでも積極的に摂取すればとれるものです。

サプリメントからでもとれますが、その成分ばかりとるのでなく、バランスよくとるといいでしょう。
くわしくお聞きになりたい方は、どうぞ気楽にご相談ください。当院はさいたま市にあります。
お待ちしております。

投稿者: うらわメンタルクリニック

2012.12.04更新

自分の家族や友人などの方は、うつ病の方との接し方に注意が必要です。うつ病の方に言ってしまいやすいことですが、頑張ってねなどの励ましの言葉かけはしないことです。
しかりつけたり、怒ったりすると自殺に追い込むこともありますので避けるべきです。

話をよく聞いて上げ、気持ちを理解し、共感しているような話し方がいいでしょう。
親身になって接してあげ、家族や周りの方は、仕事や家事などを行きたくないときは無理にさせずに、休養させてあげましょう。
心身ともに休めば少しは良くなります。退職や離婚などの決断は避けましょう。

すぐに決めなくてもいいことは先に延ばしてあげましょう。どうしても決めなくてはいけないときは相談にのってあげるべきです。
うつ病の症状がないかも、周りの方はよくチェックしてあげましょう。

睡眠不足や何事にも集中力がないや動作や話し方、食欲がない、自分を責めているなどの症状があるときはうつ病かもしれませんので、注意してあげましょう。
家族の方でもご相談などにのりますのでご気楽にお電話やメールなどください。
スタッフともどもお待ちしております。

投稿者: うらわメンタルクリニック