院長ブログ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2015.06.30更新

うつ病の季節の中に、5月のイメージがある方が多いかと思います。実は、今まで、意識してみても、季節と関係なく、ストレスがあるため、月ごとの変化はない。もちろん、新年あけなどでは、うつ病・うつ状態は少ないですが、他は、同じくと思っていましたが、今年に関しては、6月に、うつ病及び、ストレス因性の抑うつ気分、意欲の低下を主訴として来院される方が多いように感じます。寒暖の差が激しいための疲労の累積、または、身体症状(自律神経失調症を中心に)の乱れに伴う、抑うつ感の出現などが関係あるかとは思いますが、それでも、今年6月は、特別だなと感じます。まったく、医学ではない主観の領域ではありますが。他では、仕事量がここに来て多く、今は少し、治まっているなど、今までの精神・肉体的な体力の消耗が心療内科領域での病態に繋がっている、又、ここでおいでになる患者様で、4月に昇進・または、昇進扱いになり、部下を持つようになった後から、テンポが崩れる、責務が強まり、つらくなっているという方が多いようにも感じます。どちらにせよ、精神衛生が保ちにくく、気分が持ち上がらない、集中力が低下する、効率的に物事が運ばない等が、初期のシグナルでは多く、うつ病・うつ状態を考えると、気になることがあった場合、それが身体症状のみなら、身体科での受診御、何もなく、ストレスの起因に思い当たるなら、心療内科を考えていただくことも重要かと思います。気分的な落ち込み、集中・判断の障害では、直に心療内科と考えてよいと考えます。
当クリニックは、埼玉県の南部にあります。さいたま市、川口市、蕨市からアクセスが容易です。お気軽の、お尋ねください。

投稿者: うらわメンタルクリニック

2015.06.10更新

6月に入り、仕事の繁忙さは、いよいよ目立っているように感じます。また、気候の変動もあり、疲れやすい、だるさが取れないなど、うつ状態・うつ病の病態が目立ってもいます。考え込みやすい、集中しにくいことから、社内・学校内で、さらに負のスパイラルに入る。このため、焦りや、ソワソワ感が強まる。また、お休みの日でも、思うように体が動かない、イライラ感が出やすいなど、病態は、多岐にわたりやすい傾向があると考えます。うつ病・うつ状態は、今の形では、ストレス因性であり、また、長引きやすい傾向があると感じます。長引くと、その状態が、普通になってしまい、なかなか、行動に移せない。環境を変える、気分転換を図ることもできない。当然、心療内科など、専門の医療機関、または、施設に問い合わせ、受診に至らない傾向が出てきます。うつ状態、うつ病では、早めの加療が重要であるので、少しく、リスキーな方向に行きやすいものです。少しの生活リズムの変化(意図したわけでなく、生活リズムが悪い意味で変化しやすい)、職場などに行きことが苦痛である、といった、比較的、初期の状態で、診察、必要であれば、加療に入ることが重要ですが、この時期を逸してしまい、うつ状態、意欲の低下が強まってから、加療となることが、目立っている現状を考えると、まず、自分を守る意識を持って、心療内科を、特に異質な科と考えずに、ご相談いただければと考えてしまいます。実際、病態についての、加療は、スムーズに進むことも多く、気軽な受信が大切です。

当クリニックは、埼玉県下、南部。さいたま市、蕨市、川口市からのアクセスが容易です。お気軽に、お尋ねください。

投稿者: うらわメンタルクリニック