院長ブログ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2012.10.22更新

現在の、ストレスが多岐にわたる社会では、ストレス因性に、うつ病、うつ状態は、多く見られます。秋になり、多少、過ごしやすくなりましたが、会社場面では、ストレス負荷が軽減されるわけではなく、対人関係、仕事内容、量ともに、日常の、活き活きした感情をむしばんでしまう。この傾向は、同じくあるようです。最近では、仕事量がここにきて急に多くなり、上司等からのプレッシャー、又は、逆に、部下との軋轢も含めた、ストレス負因が複合化して、重くなってきているように感じます。いつもなら、簡単に処理できたことに、何か引っかかりを感じる。又は、効率的にできない等も、うつ病の前駆症状であったりすることもあります。

秋が深くなり、朝、晩は、寒さを感じるようになってきました。体調が、風邪などで、優れないという方も、多いかと思います。気になること=出勤時の、だるさ、めまい等も含め=があり、長く続くようであれば、心療内科に、かかられる事も、選択肢の一つです。当クリニックは、埼玉県の南部、川口市、さいたま市、蕨市からのアクセスが容易です。

現在は、心療内科の、敷居も、かなり、低くなっています。うつbに用は、些細なことから始まり、目に見えないだけに、気がつくと、状態は、思いの他強くなっていることも、多々あります。少し、自分を振り返ってみましょう。

投稿者: うらわメンタルクリニック

2012.10.08更新

言う、イメージがありますが、今のところ、その感じはありません。体験的にも、秋に、うつ病の、患者様が多い感じはありませんが、ただ、一年を通して、うつ状態は、もちろんあります。ストレス性のうつ状態、又は、特定の場面でのうつ状態、気分変調的に、普通の時と、うつ状態が交互に来るパターン、形は様々です。

うつ病かなと、たとえば、サイトなどの、うつ病の評価尺度と照らし合わせ、思われる方が、来院される事も、多々あります。但し、うつ病というくくりも、今は、多種にわたり、ストレス性とはっきり言えるものから、持ち合わせた、気質からくるものまで、色々です。

気分が不快である、いつも、活き活きしないなど。又は、体調が優れない、対人関係で、起こりやすく、そのあと、引きずってしまう。まずは、専門医での、加療も、必要かと思います。

来院の際の、心療内科の敷居は、今では、かなり、低くなっています。お気軽に、お尋ね頂くのが、一番かと思います。

当クリニックは、埼玉県の、南部、川口市、さいたま市、蕨市からのアクセスが容易です。

秋空が高く、少し前までの、残暑がなくなり、かなり、過ごしやすくなってまいりました。道行く人の、服装も、秋めく今日この頃です。皆様の、ご健勝を、お祈り申し上げます。

投稿者: うらわメンタルクリニック