院長ブログ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2012.09.21更新

ストレスが、反映されやすい、今日この頃だと、感じます。うつ状態の増悪が、動悸、呼吸苦、体の痛み、胸の圧迫感等、自律神経症状や、腹部が張る感じ等、消化器症状として認められる。又は、頭痛、吐気が朝方に出やすく、会社に行く、一歩が踏み出せないと言った、SOS用の状態で出ると言った感じに・・。以前は、仮面うつ病と言う言葉があり、うつ病自体の、意欲の低下や、活き活きしない感じなどはなく、胃痛、腹痛、下痢など身体表現(これが心の仮面という意味で)で症状化することを、言ったものですが。最近、極端に、体だけとは言わないまでも、不安感がそんなに強くないにもかかわらず、又、お休みの日に気分が乗らないわけではないのに、なぜか体が思ったように動いてくれない、下痢・便秘が繰り返されたり、風邪の様なだるさが続いたりと、身体に症状化する患者様が多く見られます。

又、9月に入り、残暑が緩まないことの、累積された疲労感、転居・異動等、周囲環境の変化が多い時期であることも、関連していると思われます。眠れない、寝ようとすると、ざわざわする、又は、体がむずむずする(ムズムズ脚症と言ったりします)と言った症状が気になる場合、上記の様な、体の変調があり、原因がはっきりしない場合等、心療内科の受診も考えてみましょう。

当クリニックは、埼玉県の南部、川口市、蕨市、さいたま市からのアクセスが容易です。お尋ね下さい。

投稿者: うらわメンタルクリニック

2012.09.05更新

気分が、優れない、考えがまとまらない、集中ができにくい、気になることが頭から離れず、ネガティブにサイクルする。多くの場合、うつ体験は、この形で、出てくるものと考えます。軽くであれば、朝方の、気分が不快に。又、活き活きしない、気分が弾まない、興味が持てないという方も多いでしょう。うつ体験は、当たり前に、今の、ストレス化社会に、密接にあります。

9月に入り、しかし、残暑?がきびしい。仕事は、煩忙気に向かっている。今の感じは、うつ病・うつ状態をおこしやすくなっているようです。今まで、当たり前にできていたことに、手が進まない、動けない、といった、経験は、自信も失わせ、病態を、悪いサイクルに導きやすいものです。

この、8-9月と、うつ病。うつ状態、強迫性障害の患者様がおおくおいでです。体の変調も含め、気にかかることがある。たとえば、体がなんか、むずむずすると言った、自律神経症状でも。気にかかったら、心療内科にかかるのも良いかと思います。

当クリニックは、埼玉県南部、川口市、蕨市、さいたま市からのアクセスが容易です。

投稿者: うらわメンタルクリニック