院長ブログ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2015.09.29更新

うつ病・うつ状態について、今日の病態の存在は、極めて、身近なものになってきています。環境の変化に順応する事は、性格のいかんに問わず、ストレスを伴います。現代社会では、一つの会社に長くいる以前の会社概念がなく、転職などをされる方が多いこと。又、会社側も、新人個々の教育を比較的、短期に済ませ、即戦力で使ってしまう傾向があり、なれない場面に急に放り出される個人としては、当然ストレスフルになります。又、多くの業界で、特にIT業界、機械の販売の仕事など、新しい技術が導入され、そのノウハウをおぼえるにも、時間がかかるものと思います。ただ、会社内では、周囲の人も時間に余裕がない、当事者も、時間を限られてしまうなどを考えると、実際の会得がなかなかできない、手探りの状態になる、そのため、他の業務に、集中できないなどの実像があるかと考えます。ストレス=うつ状態・うつ病と言い切れませんが、うつ状態・うつ病の方の、8割以上で、ストレスがうつ病・うつ状態の誘因・原因になっていることは否めません。
ストレスは、かわせないから、ストレスとも言えます。実際に。この時期、活き活きしない、モチベーションが上がらない、だるさが取れにくい、疲れやすい、そのため、社会生活・日常生活で支障が出るようであれば、このような状態は、うつ病・うつ状態の兆しである事が多く、特に、動悸・手の震え・眩暈・頭痛・呼吸苦など身体表現性の病態があれば、すぐにでも、専門医での加療を受けることが重要になります。

当クリニックは、埼玉県の南部、さいたま市・川口市・蕨市からのアクセスが容易です。お気軽に、お尋ねください。

投稿者: うらわメンタルクリニック