うつ病の治療、治療の流れ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

うつ病は治る病気です

まず、うつ病は不治の病ではなく治る病気であるということを皆さんに知って頂きたいです。

うつ病が、特殊な病気で、一回、そのレッテルを張られると、一生、病気と付き合わなければいけないなどの観念は、現在のうつ病では、正しくありません。心療内科・精神科へ通うようになると、心療内科から抜け出せない、薬がないと生活できなくなってしまうという間違った認識を持たれている方がいらっしゃいます。
しかし、心療内科で治療することで最終的には薬がなくとも社会生活や日常生活に支障がないレベルになることは可能ですし、実際に治る患者さまの方が多いです。自然にもとの勘所が戻って完全に自分のペースで生活できる、しかもその状態を継続できるようなったことが最終的な目標になるのですが、半分自分のページでないと感じつつも日常生活に支障がないレベルまで治るケースの方が多いのです。また、仕事環境がストレス要因である場合では、産業医との連携や、診断書などで、環境の整備を併せ行えば、治癒が充分に可能です。
このページでは実際に使用されるお薬の説明から、食生活に関するアドバイスまでさせて頂きます。お薬についても精神科の専門医の管理下で治療を行うことで依存することはありませんのでご安心下さい。
早期に治療に取り掛かることで、薬の量も少なく、また短期間で治療が完了する可能性が高くなります。心療内科・精神科と言うと敬遠される方も多いかもしれませんが、なるべく早く相談してみることをおすすめすることと同時に、私ども相談しやすい・話しやすい環境を整えてお待ちしております。

うつ病治療はカウンセリングと薬物療法がメインになります。治療には様々な薬が用いられ、大きく分類すると三環系・四環系・SSRI系・SNRI系などがあります。それぞれの特徴を挙げると以下のようになります。

三環系 効果は高いが副作用が多い。
四環系 三環系よりも効果や副作用が軽い。
SSRI系 選択的セロトニン再取り込みを阻害する。
SNRI系 セロトニン、アドレナリンの再取り込みを阻害する。

うつ病治療を遅らせるデメリット

現代のうつ病は、以前のうつ病といくつか異なる点があります。

まず、うつ状態が長引く傾向がある事をあげられます。長引いてしまう傾向のことで、うつ病の程度は、比較的軽い場合が多いのですが、循環性(うつ病相の循環、何度か時間=年・月単位=をおいて切り返す傾向)が少なく、常にうつ病相を認められ、症状が比較的軽いものの、病感(自分が病気である感覚)が、逆に症状が軽いがためしっかりとあり、うつ病である事の、つらさ、だるさ、集中力・判断力の低下、抑うつ気分、意欲の低下などを、強く感じやすい傾向にあります。

また、うつ病の強さがその時によって変わることがあるのも特徴です。特に、ストレス要因が強い場合に、現在のうつ病は起きやすく、時に(比較的頻度が高く)ストレス自体が、うつ病の病因になる傾向があります。そのため、仕事中や、出社前、連休などがある場合では、連休明けの前の日などで、うつ病の強さが増します。一日の中でも、午前中~午後にかけて調子が悪く、午後のやや遅い時間帯から、夜間にかけて、調子が戻る傾向があります。

こういったことから考えると、治療の遅延、放置では、長引いたうつ病の症状が、生活(日常生活・社会生活)の支障となりやすく、社会生活=仕事を例にとると、朝方に、だるさが強い、頭痛や、動悸などの自律神経失調症を認める場合、その予兆(朝方の不快感ぐらい)で、加療すれば、特には、問題のない出社ができる割合が高まりますが、遅延・放置すると、実際に仕事に行けない、休みがちになったり、すでに、休みを連続してしまうなど、うつ病に取り込まれたような、生活リズムが出来上がってしまい、遷延化の程度が強まるため、その分、生活の質の向上が困難になってきます。逆には、うつ病による、生活での損失分が大きくなり、その損失分を取り返そうと、焦り感や、考え込んでしまう、考え込んでしまうと、精神衛生を含め、病態が負のサイクルに陥るため、加療に対して、効果が上がりにくくなってしまいます。

普段の食事からの改善

また、普段の食事でもうつ病の回復を促すことができます。
下記の表で、うつ病の方に不足していると思われる栄養素とそれが豊富に含まれる食品がチェックできます。
しかし、人によって補わなければいけない栄養素は様々です。例えば、同じうつ病にかかっているからといって、同じ栄養素を摂取すれば良いわけではありません。うつ病には神経伝達物質のセロトニンが不足しているタイプとドーパミン等が不足しているタ イプが存在します。このようなタイプによっても必要な栄養素は異なってくるのです。その他、性別や体格、食生活や生活習慣などによっても左右されます。で すから、上記の栄養素を全て摂らなくてはいけないということではありません。
大切なのは、自分に不足しているのはどの栄養素なのかを見極め、普段の食生活で少しずつでも摂取する習慣をつけていくことなのです。

うつ病の方が不足していると思われがちな栄養素

レシチン 細胞内外をつなぐパイプの働き担う、「細胞膜」の構成成分。細胞膜の50%以上をレシチンが構成している。細胞膜は細胞内に必要な栄養素を取り込んだり、逆に、細胞内の有害な物質を排出させる働きがある。
糖鎖 糖鎖は細胞膜の周囲でアンテナのような働きをし、細胞にとって何が必要で、何が不必要であるかを判断する。この糖鎖が不足していると、良い栄養素を摂取しても細胞内に取り込んでもらえない場合がある。
DHA ヒトの体内では中枢神経系・網膜・心臓などに多く含まれている。シナプスの構成成分となり、活性化を促す作用が期待されている。
EPA 血流改善、精神神経症状を改善する作用が期待されている。
ビタミンB群 疲労回復、糖質・脂質・タンパク質等の代謝を促進、神経機能の維持や神経伝達物質の合成に関与するものもある。
ナイアシン (ビタミンB3) 自律神経を安定させ、不安感等のうつ症状の軽減が期待される。
ビタミンC 抗ストレスホルモンの合成に必要。ストレスによる活性酸素の除去にも働く。
ビタミンD カルシウムやリンの吸収を促進させる効果が期待される。
カルシウム 神経伝達物質の分泌に関与。興奮や緊張、イライラを鎮めるなどの働きが知られている。
マグネシウム カルシウムを血管や組織に沈着するのを防ぎ、働きを安定させる。
カルニチン 神経伝達物質であるアセチルコリンの合成に関与。
チロシン セロトニンやエピネフリンの前駆体。アミノ酸の一種。
フェニルアラニン 神経伝達物質のドーパミンやアドレナリン等の合成材料となる。

うつ病の方におすすめの成分

GABA 興奮を抑制し、気分を落ち着ける作用があると言われている。
メラトニン 睡眠を促すホルモン。不眠症改善効果が期待される。
トリプトファン セロトニンやメラトニン生成の原料となるアミノ酸。
SSRIやSNRI系の薬剤との相互作用があるため、服用している方の摂取は厳禁。
5-HTP(5-ヒドロキシトリプトファン) トリプトファンよりもセロトニンに変換されやすい。
SSRIやSNRI系の薬剤との相互作用があるため、服用している方の摂取は厳禁。
セントジョーンズワート 軽度~中度のうつ病、不安症、神経症の改善が期待されている。
バレリアン 中枢神経系に作用。不眠症改善効果が期待されている。
サム・イー 軽度~中度のうつ病、セロトニン代謝への影響などが報告されている。
ダミアナ ハーブ。無気力、慢性疲労、不安等の改善に効果があると言われている。
ジンセン 別名:高麗人参、朝鮮人参。疲労回復、自律神経の調整効果が期待される
テアニン リラクゼーションを司るα波の増加が報告されている。
カヴァカヴァ ハーブ。不安、ストレス、不眠の解消に効果があると言われている。
オート麦 うつ病、神経衰弱、ノイローゼに効果があると言われている。

参考文献:「サプリメント事典 第3版」/平凡社/蒲原聖司著

先生からのアドバイス

「自分は大丈夫」という過信は一度捨てて、早い段階から自分の心と向き合い、今何に対してストレスを感じているのかを明確にしておきましょう。ただ、自分と向き合うことも重要ですが、他者に話を聞いて頂くこともとても重要です。家族や友人や恋人に話しにくいようなことをお聞きするために私たちのような医者がいます。話をすること、アドバイスを聞くことが、思いがけない解決に繋がることもあります。

うつ病の治療の流れ

うつ病に陥った場合、専門医による問診・治療が不可欠となってきます。 自分で克服しようとした場合、誤った知識により更に悪化してしまう可能性もあるので、まずは医師のアドバイスを聞くことが重要です。

1医師による問診

まず問診を行い、患者さんの症状などをしっかり確認することから始まります。
その後、症状に合わせたお薬で治療していく形となります。

又うつ病の問診では、どんな症状があるか、その症状はいつ頃からか、その以前に、またはその直後に何か問題が起きていないかを確認し、うつ病のタイプなどを探し出すこととなります。

2薬の処方

問診を元に、医師がうつ病の原因を考え、それに適した薬で治療を行います。
薬と同時に、必要があれば、患者様に対しゆっくり休養を取ることをご提案致します。

3精神療法

抗うつ薬を併用して行います。
精神療法などを用いて、うつ になりにくい心のトレーニングをします。

治療の費用

診察料

初診 3,000円
2回目以降 1,500円

お薬の料金については別途お問い合わせくださいませ。 TEL:048-762-3332