うつ病と原因

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

うつ病とは

うつ病は心の風邪です

うつ病は特別な人がかかる病気ではなく、ごく普通の方でも突然発症する病気で、日本人の5人に1人が発症すると言われています。気分が落ち込み、生きる気力が減るとうつ病が発症し、身体に不調がでます。

日本人の5人に1人が、一生のうちで一度はうつ病を経験するといわれている時代ですが、その中で専門の治療を受けている方はわずかです。ほとんどの方はその症状に気づかず放置している状態です。

うつ病は心身のエネルギーが低下するため、抵抗力が低下し様々な病気にかかりやすくなったり、元々あった病気を悪化させたりします。進行が進み、症状が重くなると、自殺の恐れもあり、非常に危険です。
過労・ストレスがかかる状態が続いたり、心配事が解決しなかったり、孤独や孤立感が強くなったり、将来への希望が見出せないと感じている時にうつ病にかかりやすくなります。

うつ病は早期発見・早期治療が大事です

うつ状態が2週間以上長引き、「自分はなんてダメな人間なんだ」
「自分は生きている価値はない」「いなくなった方が楽になれるし周りも幸せだ」
という考えになったり、仕事の能率が極端に落ちたり、物事を決められなくなったり、実行できなくなったりして、日常生活に支障が出てきます。
この状態をこのような状態のことを「うつ病」といいます。

うつ病は精神面、身体面に様々な症状がでてきます。
これまではそれらを「身体因性うつ病」、「内因性うつ病」、「心因性うつ病」と分類され てきましたが、最近では症状の程度と持続期間による分類(重症のうつ病「大うつ病」と軽症のうつ病)という分類が一般的となってきました。

うつ病の知識が広まってきたとはいえ、軽いうつに悩む人たちは普通に見えるために「甘え」だと誤解されたり、本人が病気と気がつかず、適切な治療を受けないで放置している場合も少なくないようです。
うつ病で病院にかかることは、恥ずかしいことではありません。
一歩を踏み出す勇気が、その後の人生に大きく影響するのです。

うつ病は不治の病とは違い、しっかりと治療すれば治る病気です。
正しい知識を身につけ、適切な治療を受けましょう。

うつ病の原因

うつ病の原因はストレスの肥大化です

うつ状態になる原因というのは、どれも精神的肉体的ストレスです。
ストレスが連鎖的に反復して神経伝達系の作用を変化させ、うつ病が発症します。
この発症サイクルをどこかで断ち切れば、つまりストレスを逃してやればうつ病にはなりません。

そのサイクルが切れるかどうかは、その人の生活習慣と体質的素質に左右されます。
うつ病は生活習慣病という側面を持っているのです。
うつ病にかかりやすい人として、真面目、几帳面、何事にも手を抜けず、頼まれれば嫌と言えず、最後まで曲げない頑固者であり、要するにストレス性格そのものです。
おしゃべりな方はうつ病になり難いとも言われています。
なりやすい人は、例えば失敗を「自分の手順が悪い」「怠け者」だとして自分を責める傾向があり、自ら深みに落ちていく傾向があります。

ストレス連鎖の断ち切り方法として、例えば明日で間に合うものは明日にまわし、手に負えなければ人の助けを借りればいい、そのような単純な切り替えで十分なのです。

さらに大切なことは、頼まれても、きっぱり「ノー」と言える自分を作ることです。
頑張らず反省せず、適度な「適当さ」を身につけましょう。
マイナス思考に限らず、完全を目指す満点志向もまた心を蝕む敵と心得てください。